04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2013-01-30 (Wed)
ご訪問ありがとうございます☆

一流役員が実践している仕事の哲学一流役員が実践している仕事の哲学
(2013/01/17)
安田 正

商品詳細を見る

 クロスメディア・パブリッシング様からの献本。以下BOOKデータベースより内容。

一般社員55万人、役職者1000人に聞いた「事実」です。
今、会社のトップにいるような人たちは、どんな哲学を持ち、どんな仕事をしているのでしょうか?
本書では、大手から中小企業まで一般社員5万人(会社全体では55 万人)、1000 人の部長以上の役職者(専務、常務、社長など)を相手にビジネスを行ってきたコンサルタントが、
実際の研修やアンケートを通して発見した「平社員で終わってしまう人」「部長止まりの人」「役員まで行ける人」の習慣、
そして彼らの持っている哲学について述べていきます。 たとえば、
「ごちそうをしてもらった翌日、平社員は90%がお礼メールをしない。
部長でも、80%がメールをしない。
しかし、役員クラスでは100%朝7 時にメールが来る」
のように、役員以上なら誰もがやっていることがあります。
その事実と理由を、全36 項目、余すことなく盛り込みました。
知識や教養としても、ノウハウとしても、自己啓発としても発見のある秀作です。


第1章 平社員と部長と役員の違い
第2章 三流の仕事 二流の仕事 一流の仕事
第3章 平社員で終わる人 部長止まりの人 役員までいく人


「仕事の哲学」…なにやらとても難しそうなタイトルですが、内容はものすごーく簡潔でわかりやすい。
 著者が出逢った様々なビジネスマン(トップから一般まで)を見て得た印象と事実を端的に述べてます。それぞれの章の中でさらに詳細なカテゴリがあり、ラストに的確な一文と著名人の一言が添えてあるのもインパクト大。
内容によってはビジネスシーンだけではなく、日常生活にも応用できそうな事例があったりと。
 例えば内容にもある
ごちそうをしてもらった翌日、平社員は90%がお礼メールをしない。部長でも、80%がメールをしない。しかし、役員クラスでは100%朝7 時にメールが来る
 というのがそれ。ごちそうしてもらったらお礼のごあいさつ。これは大人として常識かなと思うのだけどね。このように生活に密着した事例からビジネス特有の事例まであり、読んでいてなかなか勉強になった。

 本書のテーマはあくまでもトップビジネスマンの心がけ。「一流」になるにはどういう心のモチベーションであればいいのか?
 その実戦方法と具体例が豊富に記載されているので自分的には目からウロコだった。リアルトップビジネスマンはまさに仕事一筋。その仕事に対する意識の高さは尋常ではないな、と本書を読んで感心しきり。ある意味仕事をする上での意識の高揚法が書かれているのではないかなと思ったし。

 自分的にちょっと面白かったのが第一章 12 aboutおみやげ
平社員は、道すがら買う 部長は、有名ブランドの銘菓 役員は、包装紙で決める
 というのがね、ツボすぎて。著者はホント細かいところまで着眼しているなあと。

 堅苦しくなく、サクッと読めるビジネス書。インパクト強い言葉と共に著者独特のビジネスにおける心構えも堪能できてなかなかおトクな一冊でありました。

人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへblogram投票ボタン
いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 紹介したい本 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★献本
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-07-16 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

プロカウンセラーの聞く技術・話す技術プロカウンセラーの聞く技術・話す技術
(2012/06/11)
不明

商品詳細を見る

 3人のプロカウンセラーの方々による、57の極意が網羅したとてもわかりやすい実用書。読了後、聞くことも話すことも技術がいるのだなあと痛感。以下BOOKデータベースより内容。

良い報告を受けたからといって「良かったね!」と言ってはいけない。
「そうかぁ」「そうなんですか」は、魔法のあいづち。大きく。深く。うなずきは、オーバーなくらいがちょうどいい。
「オウム返し」には、話し手の考えが整理されるメリットも…。
聞き上手話し上手になるための57の極意。


はじめに
Lesson01 聞くのが下手なのはこんな人。聞き下手の特徴とは?
Lesson02 まずは心構えや態度を改善。正しい話の聞き方とは?
Lesson03 話を聞くときに絶対やってはいけないこと10
Lesson04 相手の心を裸にし、本音を引き出す極意
Lesson05 さらに上手に話を聞くための上級テクニック
Lesson06 思いや情報がきちんと伝わる、上手に話すためのコツ
Lesson07 こんなときはどう対処したらいいの? 好感度があがる聞き方&話し方
おわりに


 「聞くこと」「話すこと」は生きている以上いろいろなシーンで必要不可欠な行動ですよね。ビジネス・学校・家庭等々あらゆるシーンで活用できる「聞く技術」・「話す技術」が具体例とともに詳細に紹介されていて、かなり参考になりました。今まで自分がなにげなく聞いたり話したりしていたことが、実はかなり相手にとって不快な思いをさせていたり、とちょっとわが身を振り返る良いきっかけにもなったりして。
 で、本書の内容ですが。まず はじめに に書いてあるように、

人間関係を円滑に進めるためには、ただ一方的に話し、聞くのではなく、きちんと会話をすることが肝心なのです。
そして、相手の本音を引き出したり、自分の意思がきちんと伝わるような会話術を手にするためには、コツやテクニックも要求されます。ときにはトレーニングをすることも必要です。

 と、この部分を読んでなるほどなあと思ったり。
 ただ漫然と人の話を聞いたり、自分が話したりしているだけでは駄目なのね。自分ではきちんと聞いている・話しているつもりでも、この本を読んで実は間違った聞き方・話し方だったのだと知り、ちょっと冷や汗モノだったりして。
 他人との意思疎通・コミニュケーションを円滑にするための会話術等、そのコツがこの1冊にぎっしりと詰まっていてかなり役立つなあという印象受けました。

 自分的に納得したのが、人に悩みを相談された場合。
 悩みを聞いているつもりが、ついつい余計なアドバイスをしてしまうことがあるのだけれど、それは厳禁。あるがままの話を受け止めてただひたすら「聞くこと」に徹するのだそうだ。そうしているうちに、相手は自分自身の本当の気持ちに気付いてゆくという。 なるほどと思うと同時に、この論述はちょっと目からウロコでした。

 「部下が会社を辞めたいといってきた」等のビジネスシーンだけでなく、「彼女や妻が怒っている…。でも、怒っている理由を教えてくれない」「ひょっとしていじめられてる!? 子どもが素直に話してくれない」等々、プライベートシーンで活用できる事例もたくさん記載されているのでとても参考になります。
 他人とのコミュニケーションに迷った時、人間関係につまづいた時などに読んでみると、意外な突破口が見つかるかもしれないと思いました。
 マルコ社様 からの献本でした。ありがとうございました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★献本
* Comment : (2) * Trackback : (0) |

* by ひいち
こんにちは。

なーるほど・・・
うん。ついつい「何かアドバイスを・・・。」と、
思ってしまうよね。元気付けてあげたいという気持ちから・・・。でも、ひたすら聞くのですね。
聞くことで話を引き出す。って、結構大変かもしれないですね!

Re: ひいち様☆ * by 惺
こんばんは!
そうそう。ホント聞き役に徹するのが良いみたい
とこの本には書いてあるのです。
でもなるほどなと。
結局いろいろと決断するのは自分自身だものね。
この本いろいろと参考になることがたくさん載ってて
ちょっと迷った時に参考になるなあ…って思っちゃった。

個別記事の管理2012-07-09 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

  

 ビジネス書は普段あまり読まないのですが、個人的に嫌いじゃない。自己啓発になる部分もあるし、働く上での刺激にも参考にもなったりする。
 本書は巨大企業でもあり、トップブランドでもあるあの「富士通」をテーマにしているので興味深く読了しました。以下BOOKデータベースより内容。

挑戦し続け、「成し遂げる」ためには何が必要なのか?
熱きリーダーたちの姿に、その答えがある。2011年のスーパーコンピューターTOP500ランキングで2期連続世界一を獲得した「京」をはじめとする、8つのプロジェクトに誇りと信念を持って「挑む」、富士通のリーダーたちの物語。


第1章 絶対にNO.1を目指す スーパーコンピューター「京」
第2章 覚悟を決めて立ち向かう 株式売買システム「アローヘッド」
第3章 妄想を構想に変える すばる望遠鏡/アルマ望遠鏡
第4章 誰よりも速く 復興支援
第5章 人を幸せにするものをつくる 「らくらくホン」シリーズ
第6章 泥にまみれる 農業クラウド
第7章 仲間の強みを活かす 次世代電子カルテ
第8章 世界を変える志を持つ ブラジル/手のひら静脈認証

 ビジネス書に関してはほとんど素人なので、あくまで自分が思ったこと感じたことを率直に述べてゆくというスタンスで。高度な考察・見解などはとてもできないので、ゆるーい視点で読んでくださるととてもありがたい。

 まず、読了後の印象が、かなり読みやすいということ。まるで小説を読んでいるような、各プロジェクトを推進してゆくリーダー達の奮闘ぶりに思わず感情移入してしまい一気に読んでしまった。
 「富士通」ブランドはあまりにもメジャーであり、かくいう自分のPCも富士通FMV BIBLOを使用している。身近な存在でかなり親近感を抱いていたのだけれど、今回本書を読んで驚いたのが企業としての事業がPCメーカーだけではないということ。

 各章のタイトルを見ていただければわかるとおり、第1章ではスパコン「京」を開発し、2011年6月と11月の2期連続で世界NO.1の演算性能を達成したという偉業を成し遂げた。その偉業までの長くてシビアな道程を担当された2人のリーダーの奮戦記がとても刺激的。
 第2章においてはあの東証の株式売買システムの開発秘話。以前から東証とタッグを組んだシステムを運用していたが、たび重なるシステムダウンに苦慮した東証は新システム開発のベンダーを募集するという屈辱を喫する。しかし、ここで負けてならじと再度応募し、受注を獲得。この執念に自分は頭が下がる思いがした。
 第1・2章に共通するのは「世界最高・NO.1」を目指すという理念。それを見事成し遂げた企業努力とそれにまつわる人的努力。システムは世界を動かすけれど、企業を動かすのはあくまで「人の力」なのだということを痛感させられた。

 さらに読んで驚いたのが、第4・5・6・7章。
 自分の富士通イメージからはほど遠い、復興支援・携帯電話・農業・医療事業の各分野への参入という事実に目からウロコ。
 具体的な仕事として何をしたのかは本書を読んでいただければわかるのだが、復興支援と農業事業に対してどのように富士通という企業が参加していたのか初めて知るとともに、このような形での企業参加もあるのだなと深く納得した次第。
 復興支援ではいち早く担当者がアクションを起こし、震災当日の電車内で企画書を起こすという素早さ。それを上層部が即座に承認し具体的支援に企業として参加するという、個人と組織の見事な連係プレーに富士通の企業的価値を見た思いがした。

 各事業を担当するリーダー達。年齢層はさまざまであるが、共通しているのは向上心の高さと素早い行動力。そして働く人間と企業がコラボした気持ちよいほどの上昇志向。
 各章で紹介されたリーダー達はプロジェクトを推進する上でそれぞれ困難にぶつかったことだろうが、それをも自らの糧にしてしまう強さを感じ取ることができた。ひたすら羨望のまなざしを投げるとともに、そんなリーダー達を育てている企業「富士通」に、個人的にさらに親近感を抱いてしまうなあと、しみじみ思った。
 ビジネス書とはいえ、変に小難しくなくサクサク読めてしまう本書。最後の寄稿や解説、受け継がれてきた言葉などはなるほど強烈です。
 レビュープラス様 からの献本でした。ありがとうございました。



blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 紹介したい本 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★献本
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-06-04 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

猫弁と透明人間猫弁と透明人間
(2012/06/15)
大山 淳子

商品詳細を見る

 読書コミュニティの 本が好き!様 からの献本です。
 まだ発売前の貴重な代物でして……なのでネタバレ回避のためにサラッといきたいと思います! 以下BOOKデーターベースより内容。

天才弁護士・百瀬のもとに、一通のメールが届いた。
はじめておたよりします。ぼくはタイハクオウムが心配で、昼も眠れません。 透明人間より」
そのメールは法廷に立たずに事件を解決するゴースト弁護士、沢村から送られたものだった。ひきこもりで人と話せない沢村は、自らが解決した事件の結末が気になり、オウムの行く末を百瀬に託す。
この依頼人はきっと困っているはずだ――。百瀬はタイハクオウムを救い出し、メールを手がかりに透明人間の正体を探る。沢村が取り組む医療ミス問題に不審な点を発見した百瀬は、奇跡の弁護で法廷の流れを逆転させる。
果たして百瀬は、オウムを、ゴースト弁護士を、患者を、救うことができるのか?

 6月15日発売予定とのことで本作は第2作目。
 第1作目はTBS・講談社ドラマ原作大賞第1位という「猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち」というタイトルでドラマ化されたとのこと。1作目を未読の方もお楽しみいただけます! ということなので期待して読了。
 ハートフルストーリーだな。というのが素直な感想。なんといっても主人公の天才弁護士・百瀬にかなり親近感。
 お見合いに失敗すること30回。おっとり優しい性格ながらもその生い立ちはかなり複雑で苦労人。その負の部分と癒し系の部分が巧い具合にミックスされて絶妙な人物設定になっている。

 その彼が構える事務所に勤める仲間・野呂とバリバリ主婦感覚発揮するおばちゃん事務員・七重もまたユニークキャラ。この3人の許にさまざまな事件が舞い込んでくる──という、なかなか面白い設定。
 今作のポイントは「オウム」と「ゴースト」かな。
 杉田という名前のふざけたオウムをめぐって、ひきこもりのゴースト弁護士とTVで人気のイケメン弁護士との歪んだ?関係や医療ミス問題などの事件に巻き込まれてゆく百瀬。
 このゴースト弁護士である沢村というキャラが今作のキーパーソン。長年ひきこもりでありながらその頭脳は明晰。天才肌の彼の才能を利用してイケメンだけが取り柄の弁護士・二見はメディアの寵児となってゆく。ギブ&テイクの切っても切り離せない二人の負の関係。それを断ち切ろうとする沢村の葛藤と自立を事件と絡め、百瀬が活躍するという後半は面白く読めた。

 あまりネタバレできないのでここまでにとどめておくけれど、全体的にはほっこりムードであったかい。
 お見合い31回目にしてやっとできた恋人の亜子と百瀬のやりとりも微笑ましいを通り越して、逆にもどかしくて純すぎる! 
 オウムの杉田(!)がところどころで笑わせてくれて飽きない。前作のドラマも観てみたかったなと思う反面、1作目を読んだ方がよりよく2作目も楽しめるなあと思った。あ、もちろん単独でも充分面白いけれど。「猫弁」=「猫好き弁護士」ということなのかな? インパクトあるタイトルとカスヤナガト氏のジャケ画も素敵です。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆ 
Theme : 今日の一冊 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★献本
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-02-13 (Mon)

ご訪問ありがとうございます☆

  

 本が好き! 様からの献本です。
 実はこの作品、献本応募の際、なんとR-18指定がついておりまして……手っとり早く言ってしまうとちょっとヘヴィなBL本です。
 でもま、献本対象となっているのでそんなに過激ではありません。オトナであれば充分にさらっと読み流せるくらいの内容。少年少女的にはどうだろう? ちと刺激的なのかなあ? 良い子の皆さまは美麗なジャケットだけ見ていた方が良いかもね。中身は18歳以上になってから読みましょう。ということで、以下BOOKデータベースより内容。

太古のアジア大陸奥地を舞台とした貴種流離譚が、 妖しげな情念で綴りだされる異色のファンタジー!
玲瓏にして艶冶なる両性の肉体を持つパルミラの貴公子戦士“銀獅子”と天馬の皇国より流れ着いた凄腕の若き戦士“東天の黒龍”が沙界の戦場で刃を交わすが、瞬時に恋に堕ちる。
二人の男が互いの情を求め、肉体を絡めて睦みあい、生涯の伴侶とを契る。 かつて吟遊詩人はこう唄った。
―獅子よ 美しき パルミラの なお麗しき白銀の獅子よ! 汝 今こそ 出征くか 葡萄の酒を 飲み干して 白銀の大剣をば 細腰に佩き 瑠璃玉の双眸 死をも畏れず・・・ いざ、出征くか そも 汝よ! 銀の鬣 翻し―  (本文より抜粋)
両性の貴公子“パルミラの銀獅子”と凄腕の若き戦士“東天の黒龍”、二人の男が沙界で恋に落ち、妖しげな情炎を燃やすファンタジー溢れる異色の貴種流離譚。


 作品はR-18でも、この自分の感想は全年齢対象なので安心してお読みください~(笑)。
 BOOKデータベースの内容の通り、メインキャラはイケメン男子2人。BLなのだからもちろん当たり前で……その彼等が、銀獅子と謳われる月牙(ユイヤ)と黒き龍と異名を持つナーク。で、月牙の方が実は両性具有(作中では両性←ふたなり表記…ちょっとね…これはあんまりかと)であるという味付けがちょっと凝っているところ。
 2人とも烏丹帝国とパルミラという2大国の皇子あるいは廃太子であったりと複雑な身分であるのだけど、要は貴種(高貴な家柄に属していた人)であることは確か。
 特に月牙は天界神将の忘れ形見であるという設定。「天界神将」というのがどのくらい偉いのかわからないけど、とにかく超絶身分が高いことは確か。

 その月牙とナークがとある戦場で運命的な邂逅を果たし、互いに一目 惚け ボレしてしまうという……! 剣を交え戦いながらも、男同士の熱い友情をとんでもなく飛び越えて一気に愛情に発展してしまうあたり……さすがBL。その一瞬の出逢いが忘れられずに遠く離ればなれになろうと互いを求めてやまない。特に黒き龍・ナークの月牙に対する執着ぶりは凄まじいゾと。

 紆余曲折あって感動の出逢いを果たす熱き2人。その感動の再会シーンはもちろんR-18。
 ここの部分はBL的に言うと、どっちが受けでどっちが攻めか? (←意味不明な方はどうぞお調べください)と訊かれれば、当然ナークが攻めで月牙が受け……と答えたいところですが……いやいやそう見せかけて、実はナークが受けで月牙が攻めという、なんとも高度な技が駆使されているのだと看破しました、自分は(←どうでもいい)。

 時にえ? と思うような会話文はコミケなどでお目にかかる薄い本(←こちらもどうぞお調べください)をついつい連想してしまいますが、やはりそこはプロの作家サン。ちょっと大仰な台詞回しもありますが、終始秀麗・流麗な描写と筆致で綴られているのでそんなに嫌悪感ないです。たまに飛び出る露骨な描写も何故かふと微笑が毀れてしまうほどの潔さ!
 さらに驚くべきことに月牙は実は1人の息子がいて、さらにナークとの間にも子をもうけたと信じてやまない。身を挺して息子を危機から救出する──親としての心情描写はなるほどなと。この部分、しっかり両性具有という設定が生きている。

 このストーリー続編があるのですね。
 現時点で離ればなれとなっている月牙とナークは再会できるのか? 月牙の息子・月沙の運命は? 月牙の宿している子供は無事生まれることができるのか? パルミナと烏丹帝国の争いに2人は巻き込まれてしまうのか?
 等々、BL的展開と共に、作品がどうラストに向けて疾走してゆくのか非常に楽しみです。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : ボーイズラブ * Genre : 本・雑誌 * Category : ★献本
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2012-01-31 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

サイモン・アークの事件簿? (創元推理文庫)サイモン・アークの事件簿? (創元推理文庫)
(2011/12/21)
エドワード・D・ホック

商品詳細を見る

 本が好き! からの献本です。
 まったく知らなかったシリーズなんですが、とても面白そうだったので読んでみました。以下BOOKデータベースより内容。

悪魔と超自然現象にまみえるため、世界を渡り歩く謎の男サイモン・アーク。
狂信的な信仰行為で知られる痛悔修道会の儀式の最中、多数の同輩がいる中で一人の信者が刺殺された事件、呪いのナイフや女妖術師が引き起こしたとおぼしき殺人、警戒厳重な古城からのナチス戦犯の消失…いずれ劣らぬ怪奇な事件に、オカルト探偵が犀利な推理力で挑む8編を収録した、瞠目の第三短編集。

焼け死んだ魔女
罪人に突き刺さった剣
過去から飛んできたナイフ
海の美人妖術師
ツェルファル城から消えた囚人
黄泉の国への早道
ヴァレンタインの娘たち
魂の取り立て人
 … いずれも凝った8篇。

 短篇集だったんですね。サクッと読めるかな? と思いきや、本格ミステリーで意外にも時間がかかってしまいました。
 探偵役のサイモン・アークというキャラ設定がものすごくミステリアス。外見は70歳とおぼしき老年男性なのだけど、実は2000年にも渡って悪魔を追い求めていると自称する風変わりな人物。ハッタリなのかな? と思いつつもまんざらそうでもないらしい記述が本編にあったりしてとても不思議なキャラクター。
 そして助手役が出版社に勤める「わたし」。サイモン・アークとは20年来のパートナーであるらしい。この2人が謎めいた事件の解決するために各地を飛びまわる。

 で、そのサイモン・アークが得意とする事件は「悪魔」と「超常現象」に絡むもの。前職は僧侶だったらしい彼のもっとも得意とするジャンルであるらしく、世間一般の捜査では解決できない難事件・不可解事件の際にはお呼びがかかる。一見ゴシック・怪奇的だと思われた事件もサイモン・アークの手にかかると、実は合理的・現実的な事件であることが判明してその手腕は一級品。8篇の中で印象的だった作品をいくつか。

焼け死んだ魔女
 とある女子大を舞台にした殺人事件。犯人は卒業生であり、自称魔女の女。その彼女の呪いによって女子大生が次々と原因不明の病気に罹っていくが、実は放射線物質盗難に関連した隠蔽工作が……。
罪人に突き刺さった剣
 一番猟奇的・怪奇的だった作品。
 禁断の教義を密かに続けている異端のキリスト教信者たち。キリストをなぞらえて磔刑にされた複数の信者のうちの一人が殺された。一体犯人は誰でどうやって犯行を犯したのか? 独特の雰囲気の作風でありながら、犯人の動機がいかにも現実的でそのギャップが楽しめた。
ツェルファル城から消えた囚人
 ベルリンの古城に収監されていたナチスの戦犯が突然消えた!1800年代に起きた類似事件を引き合いに出して、オカルト・ミステリー的雰囲気抜群。

 などなど、その他の作品も事件はオカルト的でありながらも、サイモン・アークは合理的に解決してゆく──という手法がとても小気味良かった。シリーズ3作目ということなので、これは是非1作目から読んでみたいなと思いましたね。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : 推理小説・ミステリー * Genre : 本・雑誌 * Category : ★献本
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-12-27 (Tue)

ご訪問ありがとうございます☆

20代のいま知っておくべき お金の常識5020代のいま知っておくべき お金の常識50
(2011/12/10)
マルコ社

商品詳細を見る

[内容紹介]
お金の専門家に総力取材!
こんな時代だからこそ、知っておきたい20代のための「お金の常識」を徹底解説!
お金のプロが教える、 失敗しない貯め方・使い方。「お金のプロ」を総力取材!
私たちの給料は今後上がるの?
20代でも保険に入っておいたほうがいいの?
これからの時代、賃貸と分譲では結局どっちが得なの?
などなど 20代の悩みや疑問に答えます!
50のお金の新常識がわかる!


 マルコ社様 からの献本です。
 自分の読書傾向とは違った実用書ですがかなり勉強になりました。20代をターゲットにしているので、その年代の方はもちろん貯蓄や金融初心者、もしくはあまり(全く)興味無し! という方でも大変読み易くわかりやすい書籍でした。←かくいう自分もあまり貯蓄や金融関係など興味ナシ。その自分が読んでも理解できたのだからかなり懇切丁寧な書籍です。

第1章 お金と就職
第2章 貯蓄の常識
第3章 お金と結婚
第4章 住まいとお金
第5章 お金の正しい使い方
第6章 老後とお金

 とある20代のカップルをメインキャラにし、要所要所マンガを取り入れながら展開していくのですんなり読み進めることができます。
 そして↑の目次を見てもわかるように、まんま人生の節目節目における「お金」の使い方をレクチャーしているのですね、これが。
第1章
 就職したことを前提として、ボーナスをもらったらそれをどう使うか? というシーンをとっかかりとして、貸借対照表などの企業の経営状態の見極め方から、給料の算定の仕方、そして天引きされる税金などの控除額の説明・理由など、社会人初心者が抱くであろう疑問もコレを読めばかなり解決できるのではないかなと。
 ボーナスが支給されたからと言って、カードローン返済に充てるな! とか、自分的にかなり痛すぎる内容が……。しかし、ごもっともだなと痛感。

第2章
 この章から本格的な貯蓄の解説。時代なんですね、今はネットバンキングがとてもおトクとは。自分も初めて知りました。 ATMの手数料が無料になるサービスとか、微々たる金額だけど、頻繁に利用するならそっちの方が絶対トクだなと。他にも複数口座を上手く利用するとか、具体的な目標をたてて「夢ノート」を作成してみるとか。外貨預金という奥の手も紹介されてて、自分は目からウロコ状態!

第3・4章
 ズバリ人生の節目、結婚&マイホーム! そうなると必然的に意識するのがローンでしょうね~。結婚資金とかマイホーム資金とか……桁違いにお金が飛んで行ってしまうし~。結婚資金の相場や出産一時金の申請の仕方・詳細解説、保険加入はどうしたら良いか? マンションにするか戸建にするか? さらにマンションも分譲にするか賃貸にするか? 住宅ローンの借り入れ条件・どの金利を利用するのがトクなのか? 等々、基本的な悩みに対する解説がとてもわかりやすく記載されているのでホント勉強になる!

第5章 
 カードの使用法! コレ、自分的に耳が痛いわー(>_<) スバリ、カードは3枚まで!! と断言されてます。でさらに、ムダな金利のかからない一括払いが大原則 だそうで。わーん、自分はよくリボ払いを利用するんだけど、一番ダメな使い方だそうで……ええい、反省するさ。リボ払いに対する恐ろしさの解説を食い入るように読んでしまったし……。
 その他、キャッシングとローンの違いとか、サラ金で借金地獄に陥ってしまった時の対処法と、その相談窓口の紹介とか、勉強になりすぎる。
 あと自分はあまり興味がない……というか、怖くて出来ないけれど株式投資に関する内容も。自己破産についての解説もあってなるほど!

第6章
 老後のお金といったら年金ですね。その年金に対する不安や誤解をきちんと解説。
 国民年金と個人年金・厚生年金の関連解説に加え、国民年金の免除制度の紹介など、なかなか自分では調べにくい知識が網羅されていてやはり熟読してしまった。

 ところどころに登場する「マネーコラム」がまた豆知識的ページで面白い&タメになる。
 「利回り」「FX」「特約」「配偶者控除」「元利均等返済」「フラット35」などなど、訊いたことあるけど、詳しく知らないなー、その言葉……というような単語を詳しく解説。
 コレを期に、自分ももう少し貯蓄に熱心にならないと……なにせ、本代でかなりな額が……アワワ(>_<) 読んでおいて損はない書籍だと思いました。大変勉強になりました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
 
Theme : 本の紹介 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★献本
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2011-12-02 (Fri)

ご訪問ありがとうございます☆

百歳百歳
(2011/09/13)
柴田トヨ

商品詳細を見る

 本が好き!様 からの献本です。
 前作「くじけないで」がベストセラーの柴田トヨさんの著作。百歳になられるということで。その創作意欲の盛んなことに驚きました。以下BOOKデータベースより内容紹介。

98歳の処女詩集『くじけないで』で、日本全国に感動の嵐を読んだトヨさんの第二詩集。
新作「やさしさ」「地団駄」「空に」「思い出~別れ」「頁」「倅に III」「朝顔」「思い出 III」「がまぐち」「百歳」のほか、被災地へのお見舞いの気持ちを綴り反響を呼んだ「被災者の皆様に」「被災地のあなたに」も収録予定。


 読了後の素直な感想は、とても優しい作風だなと。
 1篇1篇シンプルでいながら、キリッと締まるひと言が必ず含まれている。優しさの中にチラリと厳しい現実が内包されていたりと、単なる癒し系の作品とはひと味もふた味も違っているなあという印象持ちました。
 それはひとえに、作者サンがそれまでの人生で味わってきた厳しさ・辛さ・淋しさなどの負の感情もすべて作品に投入しているからなのかなと。

 テーマとして多いのが息子さん。やはり親にとってみれば子供はいくつになっても子供なのでしょう。なので息子さんをテーマとした作品が多いのに気付きます。その息子さん自身もかれこれいいお年なのですが、その身を案ずる作者さんの温かい視点が読んでいてとても微笑ましかった。
 そして逆にご自身の母親への思慕を詠った作品も印象的で、やはり子供はいくつになっても子供なのであり、親を慕うものなのだなと痛感。切なさと微笑ましさを感じます。

 過去から現在。そして振り込め詐欺や震災などの現在の社会問題についてまで、幅広く題材を取り扱っています。素朴な視点で詠いながら、鋭く鮮やかな切り口も併せ持っている作品がとても多くてとても新鮮でした。

 巻末には作者さんのバイオグラフィーが掲載されています。それを読むとかなり波乱万丈の人生を送られてきたようで。
 貧しくとも家族の絆を大切にして人には優しく。それが作者サンの人生訓であるならば、作品もおのずとその人柄が滲み出ているような気がします。
 読むとふわりと心が温まる。けれど、それだけではない、人生の辛さや厳しさもチラリと垣間見せてくれる魅力的な作品ばかり。
 とても読みやすくて含蓄のある作品群。充分堪能させていただきました。


blogram投票ボタンにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ人気ブログランキングへ
☆いつも応援ありがとうございます☆
Theme : やさしい気持ちになれる本 * Genre : 本・雑誌 * Category : ★献本
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。